妊娠葉酸サプリ飲まない

妊娠中に葉酸サプリを飲まないことのリスクは?

妊娠中、厚生労働省から推奨されている栄養素が葉酸です。葉酸にはお腹の赤ちゃんが脳や神経系に障害が生じるのを防ぐ効果があります。そのため産婦人科やクリニックでも摂取が推奨されているのです。

 

しかし、だからと言って全ての妊婦さんが葉酸をきちんと摂取しているわけではありません。
中には摂取してもしなくても変わらないと考え、妊娠中、葉酸サプリを飲まない方もいます。

 

飲まないからといって全ての赤ちゃんに障害が生じる訳ではありません。
しかし、産まれてから障害が発覚しても遅いのです。

 

障害の中には生まれつき脊髄に異常があり、歩けない子もいます。また、お腹の中で脳の発達が上手くいかず、無脳症になってしまう胎児もいます。

 

無脳症とはその名の通り、脳が完全でない状態で発育が止まっている状態です。脳がきちんと形成されていないと生きていく上での生命活動も十分に行われません。

 

その結果、生まれてきても余命がわずかな場合もあります。このようにせっかく授かった命でも、お腹の中で十分な成長をしなければ無事に生まれてくることも難しくなってしまうのです。

 

そして障害を抱えたまま生まれてくると、その障害は子供の人生に大きく関わってくることになります。少しでもそのようなリスクを減らすよう、妊娠中はなるべく葉酸サプリを摂取することがおすすめです。